白い涙〜牛と酪農家の叫び


連載ルポについて

これらの記事は東京電力(株)福島第一原発による事故で被害を受けた酪農家や乳業メーカーなどを取材し、酪農専門月刊誌『デーリィマン』で連載したものです。

連載は2013年1月から始まり、2014年6月に最終回となる第18回で終えました。

記事は掲載当時のものを転載しているため、現在とは状況が違っているものもあります。

連載後に誤りだとわかった部分、現状の認識と大きくかけ離れた部分などは訂正しましたが、記事の大部分は連載当時のものです。

掲載時のタイトルは「被災地を行く」でしたが、当サイトに転載するにあたって「白い涙〜牛と酪農家の叫び」に改めました。

"白い涙"とは廃乳を自身と牛の涙に例えた酪農家の思いを受けたものです。

原発事故直後、福島県の酪農家たちがどんな思いで牛と接していたのか…ひとりでも多くの方がその思いを知って下されば幸いです。